明石市 K様 50代 男性

肺癌から脳、骨に転移して体も疲れやすく、精神的にも落ち込みやすいため、漢方薬で何とかしていきたいと来店されました

3か月前に癌が再発して精神的にもかなり弱っているようです

肺を1/3ほど切除されているようです

タバコはやめたそうです

食事もあまりのどに通らなく少食のようです

血圧も高く、脳痙攣をおこし頭痛も出てくるそうです

中国医学的に診ますと『気血両虚』、『肝鬱血瘀』の状態と考えられます

そのため、体力や免疫力を補っていくもの、気の巡りや血流を良くしていくもの、体に溜まって不必要なものを解毒していくものなどをお渡ししました

2週間ほどして体調がかなり良くなり食欲もわいて食事の量も増えてきているそうです

また、体の疲れもとれて、毎日疲れたといっていた状態から、疲れたという言葉を言わなくなったそうです

1か月ほどして腫瘍の検査をしたら、腫瘍細胞が消えてなくなっていましたという報告を受けました

医師もビックリされておられたそうです

頭痛も起こらなくなっていたそうです

K様も大変喜ばれて、びっくりされております

治ると思っていなかったから、世界観が変わったそうです

体調がいいため、引き続き飲んでいただいております

中国医学の考え方は腫瘍の場合は体力や免疫力を補っていくもの、体に溜まっている不必要なものを解毒していくものなどを使っていきます

多くの方は体の疲れ、ふらつき、眩暈などは改善される方が多いです

腫瘍が綺麗に消えてなくなったといわれる方は、多くはいらっしゃいませんが、何人かいらっしゃいます

そして、社会復帰された方もいらっしゃいます

私の母親も漢方薬を飲んで腫瘍が綺麗になくなり、今も元気に仕事をしております

(母親の場合も1か月ほど漢方薬を渡ししました)

腫瘍で悩んでいらっしゃる方も、多くお越しいただいておりますが、半数以上の方は体調が良くなられておられます

末期になりすぎますと、さすがに漢方薬でも難しい場合もあります

ただ、腫瘍を完全に取り除いていくことは難しくても、腫瘍と一緒に生きていくことを選ばれていかれる方も多くいらっしゃいます

一人ひとり考え方や治療方法は違いますが、自分に合った治療方法を提案することもできると思います

腫瘍の場所、進行度合いによっても必要となるものがそれぞれ違ってきます

いろいろ試してうまくいかない方は是非、ご相談くださいね

相談してよかったといわれる方が多くいらっしゃいます

https://kanpou-nomura.com  ☜こちらをクリックしていただけますとホームページに戻ります