神戸市 M様 20代 男性

2年ほど前から自律神経失調症で体が疲れやすく、いつもボーっとしやすいため、漢方薬で何とかしていきたいと来店されました

夜は疲れているのに眠れないことが多く、夢も多いそうです

日中は特に眠気が酷く、やる気も低下しやすいようです

喉が渇きやすく、体が熱くなることがあるそうです

精神的にも弱く落ち込みやすくなるそうです

中国医学的に診ますと『心脾両虚』、『陰虚内熱』の状態と考えられます

その為、体力や血液を補っていく物、体の熱を冷ましていく物などをお渡ししました

1か月ほどして、少しずつ体の疲れもとれてきて夜も眠れるようになってきたそうです

精神的にも余裕が出てきて落ち込むこともなくなってきたそうです

2か月ほどして体調も良くなりましたがしばらく続けて頂いております

中国医学の考え方は体力や血液が不足しすぎますと、疲れているのに眠れなかったり、精神的に不安感や落ち込みやすくなります

この場合は心臓に血液を送っていく物を使っていくことで良くなられる方が多くいらっしゃいます

体が熱くなったり、ほてりが酷い場合は体の熱を冷ましていく食材、ナス、キュウリ、果物類なども併用することでほてりが緩和されていきます

一人ひとり体質や自覚症状が違いますので、病名が同じでも必要なものも違ってきます

いろいろ試してうまくいかない方は是非、ご相談くださいね

https://kanpou-nomura.com  ☜こちらをクリックしていただけますとホームページに戻ります