今回は、読書力について期待したいと思います

本を読むことで今まで知らなかったことが気付かされる事はよくあります

心の奥に響く文章に出会えることもあると思います

今までの私の場合は、蛍光ペンで蛍光ペンで線を引いたり、ページの角を三角に折ったり、付箋紙を貼ったりしておりました

せっかく素敵な文章に出会えたのに、そのまま本を本棚にしまっておりました

そして、同じ本を見返す機会がほとんどなくなってしまいます

最近、ふと気づいたこととしては、本を全て読み終わった後、もしくは数日後に、この本を読んで何を学んだのか?

文章をパソコンで打ち込んでプリントアウトする、要約してみるようにしております

本を読んで知識を得る → インプット

読んだ本や得た知識、講義を聴いて得た知識などを、後日、自分の言葉で要約してまとめてみる → アウトプット

いつもインプットだけで終わっていたのです

アウトプットをさらに追加することで理解力がかなりUPしていきます

文章を読むだけでなく、もう一度パソコンで打ち込むことや自分で内容をまとめる事で、より深く文章を理解することにも役立ちます

このように要約した内容をまとめておけば、本棚から本を探す手間も省けますし自分のお気に入りのフレーズが集まった中身の濃い文章集が完成します

私は小学校、中学校、高校とあまり勉強もしていませんでしたし、本も読んだことがない生活を送っておりました

大学に入り単位をとらないといけない、留年してはいけないという状態の時に、初めて教科書を読んで勉強して単位をとっていた経験があります

そのころから、本を読むといろんなことがわかるということに気づきました

そして、社会人になってから興味のある本を片っ端から読んでいくようになりました

読んで満足で終わる本もあれば、5回、10回と何度も読んで暗記するくらい熟読した本もあります

熟読して、自分で要約した本は今でも宝物の一つです

子供達には小さい頃から本の楽しさを知ってもらう様にしたら、人生がもっともっと楽しく充実した日々がおくれる事と思います

https://kanpou-nomura.com  ☜こちらをクリックしていただけますとホームページに戻ります